無料相談受付中
お気軽にお電話ください

電話0120-18-1170

営業時間:平日9:00~18:00
電話

相続税の基礎控除/基礎控除を超えたら当事務所にお任せください

このような不安をお持ちではありませんか?

両親が亡くなった時、どのくらい相続税がかかってしまうのでしょうか?
今の遺産総額はいくらなのかわからない
相続税の基礎控除額はどうやって計算するの?

静岡あんしん相続税相談室では、多くの相続税に関する相談をお受けする中で「基礎控除」に関する相談を多くいただきます。

相続税がかかる場合、相続開始を知った日から10ヶ月以内に相続税の申告と納税をしなければいけません。
期限を越えると様々なペナルティがあるため、相続が発生した方は、すぐにこの疑問を解決すべきです。

しかし相続税は相続が発生している方全てが、支払う必要がある税金ではありません。
一定額以上の遺産がある場合にのみ申告が必要になる手続きです。そこで重要になるのが相続税の基礎控除です。

相続税の基礎控除とは?

相続税の基礎控除とは、故人が保有していた財産のうち、「一定の財産額までは相続税が発生しません。」という基準があり、相続税がかからない範囲の金額のことを「基礎控除」といいます。

この相続税が発生する一定の財産額は、以下の計算を行って算出します。

3,000万円 + (600万円 × 法定相続人の数)

相続税の基礎控除の算出に使う相続人の人数は、法律によって決まっている法定相続人の人数です。
そのため、財産を受け取った相続人の人数ではありません。
仮に、財産を受け取った相続人が1人であっても法定相続人が3人であれば3人として計算を行います。

ちなみに相続税の基礎控除は2015年に税制改正があり、基準が大幅に引き下げられています。

2014年12月31日までに相続が発生した場合:「5,000万円+1,000万円×法定相続人の人数」

という算式でした。

自分が相続税がかかるかどうか分からない方へ

当事務所では、相続の専門家が親切丁寧にご相談に対応させていただきますので
初回の面談に限り、無料で相談に対応させていただきます。
是非ご利用ください。

予約受付専用ダイヤルは0120-18-1170になります。

PAGETOP